« JavascriptのParseIntに騙されないで | トップページ | .htaccessを使ったページの振り分け »

さくらインターネットのphp.ini設定

さくらインターネットでは、直接phpの設定を変更できないため、php.iniをWEBルートフォルダ(/home/[ユーザ名]/www/)に置くことにより、いろいろな設定変更が可能です、というような説明文を見かけます。

このWEBルートフォルダ以外にも各フォルダにphp.iniが置けることから、すっかり「その設定は子ディレクトリに引き継がれる」ものだとばかり思い込んでいました。
しかも、php.iniに記述していない項目については、親の分を引き継ぐと勝手に信じておりました。

ところが。
プログラムを設置しているフォルダの一番上の階層にphp.iniを置いてupload_max_filesize=100Mにしているはずなのに、全然設定が効かなくて、一体これはどういうことだ?と思っておりました。

ユーザ画面となる個所を置いているフォルダではPHPのエラーを出力しないように、display_errors = Offにしておく必要がありましたのでその記述だけ書いたphp.iniを置いておきました。
管理画面を置いているフォルダ内は、display_errors = Onの記述だけ書いたphp.iniを置いておきました。

この状態でハマりにハマりまして、1時間くらい悩んだ結果、php.iniの設定は下層には引き継がれないので、いちいちphp.iniの中に必要なものすべてを記述して置いておく必要がある、ということにやっと気付きました。

そして、php.iniが無いフォルダの場合は、webルートに設置したphp.iniを読んでくれるということが解りました。

フォルダ内に格納したphp.iniの中に記述されていない項目については、webルートに設置したphp.iniではなくて、phpプログラム内のphp.iniの設定をセットしてくれちゃうようです。

|

« JavascriptのParseIntに騙されないで | トップページ | .htaccessを使ったページの振り分け »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520403/53932984

この記事へのトラックバック一覧です: さくらインターネットのphp.ini設定:

« JavascriptのParseIntに騙されないで | トップページ | .htaccessを使ったページの振り分け »