« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年2月

.htaccessを使ったページの振り分け

以前、COREサーバに置いていた.htaccessファイルを、さくらインターネットのサーバに設置しました。

やっていたことは、携帯のキャリアごとに表示するページを振り分ける、というものです。

COREサーバではうまく行っていたのに、さくらのサーバではまったく振り分けが出来ていません。

ハマりました。。。。

ググったりしますと
http://tmmania.wordpress.com/2011/11/29/%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A7-htaccess%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%90%BA%E5%B8%AF%E3%81%A8pc%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%82%A2/
こんなページがありました。

RewriteRule ^$ /fuga/hogehoge.html [R]
 ↓
RewriteRule ^/$ /fuga/hogehoge.html [R]

とすれば良いの?
なんて早速やってみたのですが、この記述でもうまく行きませんでした。

結局は元にもどしました。

あれこれやること数時間。
(実際には、数十分やって2~3日放置、また暇を見つけて実験という状態だったのですが)

結局、ひょんなことから出来ました。

いや、

出来たというのは語弊があります。

URLを独自ドメインではなく、いわゆるさくらインターネットと契約した際の
「初期ドメイン名」にてアクセスしたら、振り分けが出来ました。

つまり、
http://[ユーザ名].sakura.ne.jp/[独自ドメインのルートのフォルダ名]/fuga/
ってURLです。
そしたらいとも簡単にぴょーんってジャンプできました。

せっかく独自ドメインの設定をしているのに、URLに独自ドメインを使えないのでは
なんだかちょっとどうなのー?って感じです(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらインターネットのphp.ini設定

さくらインターネットでは、直接phpの設定を変更できないため、php.iniをWEBルートフォルダ(/home/[ユーザ名]/www/)に置くことにより、いろいろな設定変更が可能です、というような説明文を見かけます。

このWEBルートフォルダ以外にも各フォルダにphp.iniが置けることから、すっかり「その設定は子ディレクトリに引き継がれる」ものだとばかり思い込んでいました。
しかも、php.iniに記述していない項目については、親の分を引き継ぐと勝手に信じておりました。

ところが。
プログラムを設置しているフォルダの一番上の階層にphp.iniを置いてupload_max_filesize=100Mにしているはずなのに、全然設定が効かなくて、一体これはどういうことだ?と思っておりました。

ユーザ画面となる個所を置いているフォルダではPHPのエラーを出力しないように、display_errors = Offにしておく必要がありましたのでその記述だけ書いたphp.iniを置いておきました。
管理画面を置いているフォルダ内は、display_errors = Onの記述だけ書いたphp.iniを置いておきました。

この状態でハマりにハマりまして、1時間くらい悩んだ結果、php.iniの設定は下層には引き継がれないので、いちいちphp.iniの中に必要なものすべてを記述して置いておく必要がある、ということにやっと気付きました。

そして、php.iniが無いフォルダの場合は、webルートに設置したphp.iniを読んでくれるということが解りました。

フォルダ内に格納したphp.iniの中に記述されていない項目については、webルートに設置したphp.iniではなくて、phpプログラム内のphp.iniの設定をセットしてくれちゃうようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »